RECRUITER採用担当者から

北海道の食文化を支え、
広く伝えることが私たちの使命です

当社は2018年に創業60周年を迎えた北海道の食品メーカーです。
創業したのは、中国大陸や南方の戦線から帰還してきた北海道大学農学部の卒業生たち。
戦後間もない時代、当時はまだ贅沢品だったラーメンを家庭で手軽に食べられるようにとラーメンスープ「華味」を開発したことから、その歴史がスタートしました。

「華味」誕生の2年後には「成吉思汗のたれ」を開発した当社は、北海道民のソウルフードともいえるラーメンとジンギスカンを広め、北海道の食文化を家庭に定着させたパイオニア。その原点には、北海道が好き、北海道の人たちに喜んでもらいたい、北海道に貢献したいという想いがあります。2004年より販売している「本日のスープカレー」、さらには2014年販売の「ラーメンサラダのたれ」も、創業時の想いが引き継がれて誕生した商品です。おいしく安全安心な商品を届けることはもちろん、北海道の食文化をどう発信し、伝えていくか。それもまた私たちの果たすべき使命の一つだと自負しています。

食べることに興味がある、
北海道が好きという人と出会いたい

採用基準は各社それぞれありますが、当社は食品メーカーですからまずは「食べることに興味がある」「食べることが好き」という気持ちを大切にしています。面接などでよく「“食”は無くならないから」と目指される人と出会いますが、私たちがつくっている調味料は単体で成立するものではなく、何かをよりおいしくするために使われるもの。ですから、食べることに興味関心がないと、もっとおいしく食べたいというアイデアも工夫も、なかなか生まれにくいのではないかと思います。

それともう一つ、北海道が好きという人であってほしいと願っています。先にも述べたように私たちの使命は、北海道の食文化の魅力を発信していくこと。社内には道外出身者も多く活躍していますが、全員に共通しているのは「北海道が好き」ということです。北海道の食品メーカーとして、商品のストーリーを考え、作り方はもちろん、使われ方も発信していく。そのためにも、食べることも、北海道も好きという人と出会えたらと期待しています。

TRAINING社員育成の仕組み

社員育成教育体系のイメージです。
新入社員からリーダー、幹部へのロードマップを用意し、それぞれで必要な社員教育の仕組みを整えております。

*クリックで別ウインドウで開きます

ENTRYエントリー