一歩ずつ、しっかり成長を感じながら
次なる未来へと進んでいける会社です。

2017年 新卒入社 山下 らいた 技術本部/開発部/製品開発部

入社後の丁寧な研修で自信がつきました。

高校、大学と食品関連の学科で学んでいた私は、就職活動でもその知識を生かすべく、食品業界を志望しました。数ある企業からベル食品を志望したのは、小さい頃より「成吉思汗たれ」やCMに馴染みがあり、親しみを持っていたから。さらに地元での就職を希望していたので、北海道に根ざす会社という点も大きかったです。

入社後は先輩方がマンツーマンで指導してくれて、簡単な試作からレシピづくりまで、仕事の基礎を1年ほどかけてじっくり教えていただきました。段階的に覚えることで着実に力をつけることができましたし、先輩たちも「分からなかったら何度でも確認して」と優しく声をかけてくれて、話しやすい環境だったので自然にコミュニケーションを取ることができました。現在は営業部門が受けてきた依頼内容に沿って商品を開発していますが、先輩方に教わりながら繰り返し試作作業の経験を積み、今は自信を持って仕事に取り組むことができています。

新商品の開発は充填されるまで気が抜けない

製品開発の醍醐味は、やはり自分がつくった製品が発売されること。特にNB商品(自社商品)は会社の看板を背負う商品ですから完成した時の感慨もひとしおです。先日、初めてNB商品として「あんかけうどんつゆ」を担当しましたが、設定価格を考えながら何度も試作を繰り返して素材と味を決めていく作業は思った以上に大変でした。レシピが完成しても気が休まらず、工場で無事に小袋へ充填されたのを見てようやく「これで商品ができた!」と実感し、安堵感と達成感の両方がこみ上げてきました。

開発する商品に関しては、当社には全社員から商品アイデアを募る「アイデアボックス」という箱があり、私も先日、北海道が生産量1位を誇るブロッコリーを使ったスープを投書しました。結果は忘年会で発表される予定なのでアイデアが採用されるか楽しみにしています。これからも北海道をもっと知り、北海道の食品メーカーだからこそのアイデアを考えていきたいと思っています。

夢は、ベル食品を代表する商品をつくること

製品開発の現場は、一般的な料理と違い、分量をきっちりと計り、目分量や約〜gといった「だいたい」が通用しない世界です。私も大雑把な性格だったので、最初の頃は試作の度に分析値がズレて何度もつくり直すなど苦労しました。そういう点では、マメで細かいところまで気を配れる人が向いているような気がします。

工場で仕込む人たちのことも考え、再現度の高いレシピをつくる。そして、いつかは「成吉思汗たれ」のように、たくさんの人に親しまれる商品を開発することが私の夢。今後もNB商品をつくるチャンスがある中で、「これこそがベル食品!」という商品を生み出せるよう頑張っていきたいです。そのためには試作作業の経験をもっと積むことが必要ですし、発想力を養うために市場調査や読書などを通した情報収集も大切になってくると思っています。

SCHEDULE一日の流れ

  • 08:00出社
    少し早めに出社して、みんなが飲むお茶を用意したり、当番制で掃除をします。
  • 08:25朝礼
    朝礼は開発部全員で行います。持ち回りで担当となった人が今気になっていることや日常の出来事を1〜2分ほど話した後、部長からの連絡事項を受け、最後に挨拶を唱和します。
  • 08:30打ち合わせ
    製品開発課で会議。各自の作業スケジュールを確認した後、上司が新しくきた案件を振り分けます。仕事の進行度合いによっては効率良く進められるようアドバイスをいただいたり、スケジュール変更が行われることもあります。
  • 08:40レシピ作成・試作
    試作依頼に沿って商品のレシピ作成と試作します。試作したものはグループで試食を行い、どうすればもっと良くなるか意見交換し、再び試作を行います。これを繰り返し、商品化を目指します。
  • 12:00昼休み
    昼休憩は持ってきたお弁当を食べた後に軽く仮眠することが多いです。
  • 13:00レシピ作成・試作
    午前中に続いてレシピ作成、試作を行っていきます。作業中、試作に使用する原料が足りなくなると工場まで取りへ行くこともあります。
  • 17:30作業の終了
    作業が終わると、試作に使用した器具やお皿を洗い、作業台を拭くなどの清掃を行います。
  • 18:00退社
    次の日の作業をスムーズに進めるため、翌日のスケジュールを確認してから帰宅します。

ENTRYエントリー