北海道から世界へ。
共に挑戦、成長。

代表取締役社長 福山浩司

北海道の食文化を支えて60年

当社は家庭用のラーメンスープやジンギスカンのたれを日本で初めて販売した歴史を持ち、北海道という豊かな食材と食文化に恵まれた地に根ざして成長してきた食品メーカーです。

食品業界は今、「少品種大量生産」から「多品種少量生産」の時代を迎えているといわれています。
かつての人がどんどん増えてモノが大量に売れた時代から、少子高齢化で人口が減ってモノが売れなくなる時代へ。
これからを生き抜くには、他と一線を画す特徴ある製品をいかに多く届けられるかが重要となってきます。

その中で北海道はそれだけで高いブランド力を持っており、特に食については誰もがおいしいとイメージしてくれる大きなアドバンテージを持っています。
当社は創業60周年を機に「北海道のソウルフードメイカー」とキャッチフレーズを一新。
より北海道を発信し、そのブランド力に磨きをかけていけるような会社でありたいと考えています。

ベル食品では、2013年にベトナムで現地法人「ベルフーズベトナム」を設立。
焼肉のたれなどの製品を現地スーパーや飲食店等に販売しています。

北海道のおいしさを全国、世界へ

当社には創業当時から「北海道のおいしいものを届けたい」という想いが息づいています。
ラーメンスープ「華味」や「成吉思汗のたれ」に留まらず、スープカレーのスープやラーメンサラダやザンギのたれなど、近年においても北海道ならではの製品を届け続けられているのは、そうした想いがあるからこそであり、北海道の食文化を全国、そして世界へと発信していくことは私たちの使命であると感じています。

また、最近はたれや調味料だけでなく、北海道産食材を使った料理や有名店のメニューのレトルト食品の開発にも尽力。
食品メーカーでありながら、製品を通して北海道の生産者と消費者を結ぶ動きも活発化させています。

さらにEC事業に積極的に取り組むなど発信力の強化にも努めており、2013年にはアジアの成長力に目を向け、ベトナム・ホーチミン市に販売会社を設立。
海外では即断即決が求められることから私自身、社長になった今も毎月足を運んで現地のベトナム人社員と一緒にセールスしています。
ベトナムではいずれ工場を構え、中国やフィリピン、タイといった周辺国にも販路を広げていきたいとビジョンを描いています。

一緒に挑戦し、成長していきましょう

当社は食品メーカーですから、何を差し置いても「安全安心であること」が一番重要です。
そのため、採用においても真面目で誠実であることが大前提で求められます。

また、その上で、いかに自分で動けるかということも大切なスキルとなるでしょう。
どの企業でも求められているかと思いますが、指示されたことをコツコツこなすだけでなく、よりよい状況を考え、実行できる人であってほしいと願っています。
もちろん、最初からできる必要はありません。
当社には手本となる先輩たちがたくさんいますから、そうした仲間と一緒に育っていってもらえたらと期待しています。

会社としても皆さんが着実に成長し、キャリアアップを図っていけるよう、社員教育や研修制度をこれまで以上に充実させていきたいと思っています。
ぜひ一緒に北海道のおいしさを日本全国、そして世界へと発信していきましょう。
ともにチャレンジしていきたいという気概のある人と出会えることを楽しみにしています。

代表取締役社長 2018年11月 福山浩司

ENTRYエントリー